風俗店従業員に体当たりして門司税関職員逮捕/福岡

北九州市の風俗店で従業員に体当たりをしたとして、門司税関職員の男が逮捕されました。

暴行の疑いで逮捕されたのは、門司税関調査部の統括調査官・東藤大典容疑者(50)です。
東藤容疑者は27日午後10時20分ごろ、北九州市小倉北区船頭町の風俗店で男性従業員(36)に体当たりをしたという疑いが持たれています。




東藤容疑者は接客されていた女性従業員とトラブルになり、男性従業員が声をかけたところ店の外に逃げようとして体当たりをしたということです。
その場で取り押さえられました。

東藤容疑者は警察の調べに対して、容疑を否認していますが、事件当時酒に酔っていたということです。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。