海兵隊の男が飲酒運転とスピード違反で逮捕/沖縄

22日午前、うるま市の沖縄自動車道でアメリカ海兵隊の男が酒に酔った状態で車を運転し、現行犯逮捕されました。

酒気帯び運転とスピード違反の疑いで逮捕されたのは、アメリカ海兵隊キャンプハンセン所属のタイラー・リード・オーウェンズ容疑者(20)です。
オーウェンズ容疑者は22日午前11時ごろ、うるま市石川の沖縄自動車道で酒を飲んだ状態で車を運転し法定速度の80キロを39キロオーバーの119キロで走行した疑いが持たれています。




警察がスピード違反のオーウェンズ容疑者を発見し、停車させて調べたところ酒のにおいがしたため検査をしたところ、基準値のおよそ2倍のアルコールが検出されました。

調べに対してオーウェンズ容疑者は、スピード違反については認めていますが、酒気帯び運転については「昨日酒は飲んだが抜けていると思った」と話していて、容疑を否認しているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。