県営バスが男性をはねる/長崎

20日夜、長崎市で長崎県営バスが横断歩道を渡っていた男性をはねる事故がありました。
男性は意識不明の重体です。

20日午後7時ごろ、長崎市かき道3丁目の市道で信号のない横断歩道を渡っていた荒木信秀さん(65)を右折してきた矢上団地発長崎駅前行きの県営バスがはねました。




荒木さんは頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが意識不明の重体です。
警察はバスを運転していた宮崎勝守容疑者(60)を過失運転致傷の疑いで逮捕しました。

バスには事故当時、4人の乗客がいましたが、女性1人が軽いけがをしたということです。

警察は事故の詳しい原因を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »