歯科医が酒気帯び運転でバスに衝突/熊本

18日朝、熊本市の県道で酒を飲んだ状態で車を運転し、路線バスと衝突する事故を起こした男が逮捕されました。

逮捕されたのは、合志市の歯科医師・三隅寛容疑者(39)です。
18日午前6時ごろ、熊本市北区弓削の県道で、普通乗用車と路線バスが衝突する事故がありました。
駆けつけた警察が乗用車の運転手から酒のにおいがしたため呼気を調べたところ、基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。




三隅容疑者が運転する乗用車が中央線をはみ出して路線バスと衝突したとみられています。
この事故でバスの運転手が軽いけがをしました。

三隅容疑者は容疑を認めていて、「自宅に帰る途中だった」と話しているということです。

警察では三隅容疑者が酒を飲んで運転した経緯を詳しく調べています。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »