「ちょうかい」海士長1万円を盗み懲戒免職/長崎

海上自衛隊佐世保基地に配備されている護衛艦に勤務する海士長がタクシー内の忘れ物の財布から現金を盗んだとして、懲戒免職処分を受けました。

17日付で懲戒免職となったのは、海上自衛隊佐世保基地に配備されている護衛艦「ちょうかい」の男性海士長(21)です。
海士長は5月27日午前5時45分ごろ、自宅から出勤するために乗ったタクシーで、前の乗客が忘れていった財布から現金1万円を盗んだということです。




財布を忘れた乗客がタクシー会社から財布を受け取った際に現金が減っていることに気づき、警察に届け出ました。

警察と海上自衛隊に対して海士長は、盗んだことを認め、1万円は返金したということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »