県立高校教諭を懲戒免職処分/熊本

熊本県教育委員会は、18歳未満と知りながら女子高生にみだらな行為をしたとして逮捕された県立高校教諭を3日付で懲戒免職処分にしました。

懲戒免職処分を受けたのは、県立東陵高校教諭の男(43)です。




教諭は今年7月、県内の女子高生にホテルでみだらな行為をしたとして、県の少年保護育成条例違反の疑いで逮捕、その後不起訴処分となっています。

教諭は聞き取りに対して、不適切な行為について認めていて県教委は3日付で懲戒処分としました。

高校教諭が女子高生にみだらな行為/熊本

2019年7月3日

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。