私立高校教諭が少女にみだらな行為/鹿児島

鹿児島県の私立高校教諭の男が、10代の少女にみだらな行為をさせたとして逮捕されました。

3日に児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、鹿児島県内の私立高校教諭の小松秀敬容疑者(25)です。
小松容疑者は2018年3月下旬、鹿児島県内で18歳未満であることを知りながら、10代の少女にみだらな行為をさせた疑いが持たれています。




少女は小松容疑者の勤務する学校の生徒ではないということです。
インターネット上の書き込みを確認する鹿児島県警のサイバーパトロールで2人の関係が判明しました。

警察の調べに対して小松容疑者は容疑を認めているということです。小松容疑者は今年4月から私立高校に採用され、勤務しています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。