17歳少女を深夜に働かせていた経営者ら逮捕/熊本

17歳の少女をキャバクラやガールズバーで働かせたとして27日、店の経営者ら4人が逮捕されました。

風営法違反の疑いで逮捕されたのは、熊本市の飲食店「1 Of 1」元経営者・村上範任容疑者(30)、従業員・福井章人容疑者(29)、緒方千晃容疑者(29)と、宇土市の飲食店「Chenelle」店長・坂本隼人容疑者(30)の4人です。

警察によりますと、村上容疑者らは熊本市中央区下通のキャバクラ「1 Of 1」で、坂本容疑者は宇土市本町のガールズバー「Chenelle」で、17歳の少女を午後10時以降に働かせていた疑いが持たれています。




村上容疑者らは容疑を認めているということです。

警察では少女を働かせた経緯を調べるとともに、他にも18歳未満の少女を働かせていた可能性もあるとみて調べを進めています。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »