倒木に車がぶつかり男の子が死亡/佐賀

20日夜、唐津市の県道で倒れていた木に軽乗用車が衝突し、助手席に乗っていた男の子が死亡しました。

20日午後11時25分ごろ、唐津市浜玉町の県道を通行していた軽乗用車が倒れていた松の木に衝突しました。
軽乗用車の助手席に乗っていた小学5年生の長男(11)が胸を強く打ち病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
運転していた母親(37)と後部座席に乗っていた中学3年生の長女(14)はいずれも軽傷でした。


現場は虹の松原を通る片側1車線の直線道路で、倒れていた松は太さおよそ3メートル、地面から6メートルの高さで折れていたということです。

警察では事故の詳しい状況を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »