樟南高校の野球部員が飲酒喫煙/鹿児島

樟南高校の野球部員が飲酒喫煙を行っていたことがわかりました。
樟南高校によりますと、野球部の寮で喫煙が行われているという情報提供が6月初めにあり調査を行いました。

その結果、3年生2人、1年生1人が喫煙していたほか、寮からウイスキーの瓶が1本見つかりました。
2018年11月と12月、今年5月のあわせて3回にわたって飲酒が発覚したということです。

学校は飲酒はしていませんが、同席していた生徒も含めて10人の野球部員が飲酒喫煙に関わっていたとする報告書を18日に鹿児島県高校野球連盟に提出しました。
また、対外試合や練習の無期限自粛と監督と部長の無期限謹慎を決定しました。

日本高野連は今回の飲酒喫煙の問題に関して、「厳重注意」処分とし、飲酒喫煙に関わった部員を夏の鹿児島大会の出場禁止としたほか、寮の改善計画の提出を求める通知を出しました。
チームとしての出場停止処分は受けておらず、鹿児島大会には7日に初戦を迎えます。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。