日南市の保育園で食中毒/宮崎

日南市の保育園で19日、給食を食べた園児や職員が下痢や発疹などの症状が出ました。

宮崎県によりますと19日、日南市内の保育園と認定こども園で19日以降、下痢や発疹などの症状を園児や職員が訴えました。

日南保健所が調べたところ、給食で提供されたシイラからヒスタミンが検出されました。
シイラを食べていたのは2つの園で226人いましたが、このうち0歳から5歳までの園児が32人、職員が20人のあわせて52人に症状が出ました。現在は全員回復しているということです。




シイラは日南市の「安藤水産」が納入していました。
保健所は魚の温度管理が不十分だったとして、「安藤水産」を21日から7日間の営業停止処分としました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。