JR九州の運転士が買春の疑いで逮捕/福岡

JR九州の運転士が20日、福岡市のホテルで女子高生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、逮捕されました。

児童買春の疑いで逮捕されたのは、JR九州の運転士・田原久史容疑者(33)です。

田原容疑者は2018年4月、福岡市中央区のホテルで当時16歳の女子高生に現金5万円を渡してみだらな行為をした疑いが持たれています。
インターネット上で女子高生が援助交際を求める書き込みを発見した警察が捜査を行い、田原容疑者の逮捕につながりました。




警察の調べに対して田原容疑者は「ホテルには行ったが、みだらな行為はしていない」と容疑を否認しています。

11日にはJR九州の他の運転士が同じ女子高生への児童買春の疑いで逮捕されています。

JRの運転士が女子高生を買春の疑いで逮捕/福岡

2019年6月12日

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。