養護施設の職員が中1男子にわいせつ行為/福岡

児童養護施設に入所していた男子中学生にわいせつな行為をしたとして、元職員の男が逮捕されました。

児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、北九州市若松区の無職・秋田政嗣容疑者(43)です。
秋田容疑者は児童養護施設の児童相談員だった今年3月8日に、入所していた当時1年生の男子中学生(13)を福岡県内のビジネスホテルに連れ出してわいせつな行為をした疑いが持たれています。




男子中学生がその日施設に戻ってこず、翌日戻ってきた際に話を聞いた職員が警察に相談し捜査を行っていました。
警察の調べに対して、秋田容疑者は「ホテルには行ったがわいせつな行為はしていない」と容疑を否認しています。

男子中学生は過去にも同様の被害を受けたことを話していて、警察では余罪についても捜査しています。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。