JAおきなわ職員が1893万円を着服/沖縄

JAおきなわは14日、職員が自動車共済金を着服していたと発表しました。

着服していたのはJAおきなわからJA共済連沖縄に出向している30代男性職員です。




職員は2014年3月から2018年12月までの4年9ヶ月の間、自動車共済の支払業務を担当していた際に交通事故の被害者車両の数を実際よりも多く申告し、共済金を着服していたということです。
被害件数は96件、金額は1893万1483円にのぼるということです。

今年2月、内部調査で不正が発覚しました。
職員は事故が発生した際の確認から状況の確認を1人で行っていたため、チェック体制が機能していませんでした。

着服が発覚後、出向は解かれ、現在自宅謹慎中です。

職員は着服を認めていますが、弁済がまだ行われていないことからJAは職員を処分するとともに刑事告訴を行う予定です。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。