当て逃げ、飲酒運転容疑の県職員、懲戒免職処分/佐賀

佐賀市内で追突事故を起こし、警察に報告しなかったとして逮捕された県職員の男について、佐賀県は7日付けで懲戒免職処分としました。

佐賀県職員が当て逃げで逮捕、飲酒運転の疑いも/佐賀

2019年6月1日
懲戒免職となったのは、佐賀中部農林事務所の久原洋一主査(45)です。

県によりますと、久原主査は4月25日、仕事の関係団体との懇親会で酒を飲んだあと車を運転、佐賀市久保田町の国道で軽乗用車に追突し、運転していた男性に軽いけがを負わせました。
その後、警察を呼ばず、名前と電話番号だけ伝え、立ち去りました。

けがをした男性が通報し、警察に5月31日に過失運転傷害などの疑いで逮捕されていました。



逮捕されるまでの間、仕事を無断欠勤して車で寝泊まりしていたということです。
車は無車検・無保険でした。

佐賀県職員が当て逃げで逮捕、飲酒運転の疑いも/佐賀

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »