糸島市沖で貨物船座礁/福岡

1日夜、糸島市の沖合で貨物船が浅瀬に座礁し、動けなくなりました。

唐津海上保安部によりますと、1日午後9時43分ごろ、糸島市沖の烏帽子島近くの浅瀬で、パナマ船籍の貨物船「SWERTIA」が座礁しました。
船にはインドネシア人17人が乗っていましたがけが人はいませんでした。

貨物船には硫酸水素アンモニウムを積んで香港に向かっていました。
燃料や薬品の流出は確認されていないということです。

2日朝から貨物船を浅瀬から引き出す作業を行っています。
現場は当時、波や風などはなく、視界も良かったということで座礁した原因について詳しく調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。