五島市で特定健診の名簿紛失/長崎

五島市は31日、生活習慣病の予防のために行う特別検診の対象となる、住民118人の個人情報が記載された名簿を紛失したことを発表しました。紛失したのは、五島市富江町の女亀地区と山崎地区に住む40歳から74歳の男女118人の住所や氏名、生年月日や受診歴が記載された名簿です。

五島市によりますと4月18日、対象者に受診を呼びかける非常勤職員の健康推進員の辞令交付式で市の担当者が各推進員に名簿を渡していました。
欠席した推進員に渡す予定だった名簿を別の推進員に預け、代わりに渡してもらうように依頼していましたが、5月20日に欠席していた推進員から名簿が届いていないという連絡が来ました。
名簿を預けた推進員に尋ねたところ、所在がわからないということです。

市は対象者全員に対して個別に訪問し、謝罪と説明をしました。30日までに被害はないということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »