消防士が飲酒運転で逮捕/福岡

1日午前、筑紫野市で酒を飲んで車を運転して事故を起こしたとして消防士の男が逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、甘木朝倉消防本部の消防士・清武忠弘容疑者(56)です。
清武容疑者は1日午前8時50分ごろ、筑紫野市古賀の県道で、カーブを曲がりきらず直進してバス停を倒したあと、駐車場に止めてあった車に衝突しました。

けが人はいませんでした。
通報で駆けつけた警察が清武容疑者の呼気を調べたところ、基準値の6倍を超えるアルコールが検出されました。

警察の調べに対して、容疑を否認しているということです。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。