パトカーに追跡されていた2人乗りの原付が事故/熊本

26日朝、パトカーに追跡されていた原付バイクが軽乗用車と衝突する事故がありました。
この事故でバイクに乗っていた少年2人がけがをしました。

26日午前8時ごろ、熊本市中央区の県道で2人乗りをしていた原付バイクが警察官に見つかりました。

停止の呼びかけに応じなかったため、パトカーで追跡をしました。
原付バイクは1.5キロほど逃走をしていましたが、渡鹿の交差点に赤信号で進入した際に直進してきた軽乗用車と衝突しました。

この事故で原付バイクを運転していた少年(17)が右足の太ももの骨を折るけが、後ろに乗っていた少年(17)が唇を切るけがをしました。
軽乗用車を運転していた男性(27)にけがはありませんでした。

警察では事故の詳しい状況について詳しく調べています。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »