長崎市で歩行者と車がぶつかる事故/長崎

10日未明、長崎市千歳町の国道で道路を横断していた男性が軽貨物車にはねられ、死亡する事故がありました。

亡くなったのは長崎市上戸町の塗装業・下辺悠太さん(34)です。

10日午前0時40分ごろ、長崎市千歳町の国道を横断していた下辺さんが赤迫方面から来た軽貨物車にはねられました。
下辺さんは頭や腰などを強く打ち、病院に搬送されましたがおよそ6時間後に死亡が確認されました。

現場は路面電車の軌道敷がある片側2車線の直線道路で、車側の信号は青だったということです。

警察は車を運転していた64歳の男性に話を聞くなどして事故の原因を調べています。

西九州自動車道で7台が絡む事故/長崎

2019年5月11日

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。