元飲食店店長が冷蔵庫を海に廃棄/福岡

閉店した店の冷蔵庫を海に捨てたとして、元店長と元従業員が逮捕されました。

廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、中洲のキャバレーの元店長・高野義章容疑者(36)と、元従業員・澤本佑太容疑者(26)です。
警察によりますと2人は、1月9日午前8時ごろ、福岡市東区東浜で冷蔵庫1台を海に投げ捨てた疑いが持たれています。

近くに止まっていたトラックの運転手が廃棄してるところを携帯電話で撮影していて、110番通報しました。
警察が来たときには2人は立ち去っていましたが、海には冷蔵庫が浮かんでいたということです。

その後、撮影していた画像などから2人を特定し、逮捕に至りました。

調べに対して2人は、「中洲の店が潰れ、冷蔵庫の処分にお金や手間がかかるため捨てた」と話していて容疑を認めているということです。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。