中学校で偽札が見つかる、生徒がカラーコピーで作成か/福岡

大野城市内の中学校で9日、売店の売上金の中から千円札をカラーコピーしたとみられる偽札2枚が見つかりました。

大野城市教育委員会によりますと、大野城市立大野東中学校の校内にある売店の店員が4月の売上金の確認をしていたところ、カラーコピーしたとみられる千円札2枚を発見しました。
2枚とも紙幣番号が同じで、両面をカラーコピーした上ではさみで切って形を整えたとみられています。

売店は各教室で集金したあと売店に持ち込まれる仕組みで、生徒以外の利用はほとんどありませんでした。
学校は警察に相談するとともに、全校集会を開き、生徒に指導をしたということです。

警察は学校の相談を受けて、偽造通貨行使の疑いで操作をはじめています。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »