宮崎自動車道で追突事故、小学生の女の子が亡くなる/宮崎

5日夕方、宮崎自動車道で追突事故があり、小学6年生の女の子が亡くなりました。

5日午後3時20分ごろ、宮崎県小林市の宮崎自動車道下り線の小林インターチェンジ付近で、走行車線を走行中の車が追越車線から車線変更をしてきた車に追突されました。

この事故で、追突された車を運転していた宮崎市佐土原町の会社員・前田雄志さん(51)の家族5人が病院に搬送されました。

このうち、頭を強く打つなどしていた前田さんの次女の亜寿美さん(11)が6日午前8時過ぎ、死亡が確認されました。
他の4人は軽傷だということです。

警察は追突した車を運転していた49歳の女性に事故の詳しい状況を聞くなどして、過失運転致死の疑いで調べを進めています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。