隼人港で7歳の男の子が死亡/鹿児島

28日朝、霧島市隼人町の隼人港で7歳の男の子が海に浮いているのが見つかり、死亡が確認されました。

28日午前8時ごろ、霧島市隼人町真孝の隼人港で、「子どもが海に浮いている」と通行人から通報がありました。

海に浮いていたのは、霧島市に住む7歳の小学2年生の男の子で、救助されましたが死亡が確認されました。男の子には外傷などはみられませんでした。

警察によりますと同じ時間に、男の子の母親から「子どもが家からいなくなっている」と通報があったということです。
警察では男の子が海に落ちた原因や詳しい状況を調べるとしています。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。