あおり運転に腹立ち暴行男を逮捕/福岡

久留米市の国道であおり運転してきた男性を暴行してけがを負わせたとして、男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、大牟田市の会社員・松尾晴樹容疑者(39)です。
松尾容疑者は27日午前10時ごろ、久留米市津福今町の国道で53歳の男性の顔を殴って転倒させ、後頭部を踏みつけるなどした疑いが持たれています。

男性は病院に搬送され、外傷性くも膜下出血などの大けがでした。意識はあり、命に別状はないということです。


警察の調べに対して松尾容疑者は、「あおり運転をされ腹が立ってやった」と容疑を認めています。
警察は男性があおり運転をしていたかなど詳しく調べるとしています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。