10代少女が赤ちゃん置き去り/大分

18日、日田市内の住宅の玄関前に赤ちゃんが置き去りにされていた事件で、警察は県内に住む10代の女性が母親とみて事情を聞いています。

警察によりますと、18日早朝、日田市西有田の住宅の玄関先で生後間もない赤ちゃんがタオルに包まれた状態で置かれているのを住人の女性が発見、通報しました。

赤ちゃんは身長およそ50センチ、体重3200グラムほどで、発見時は低体温症で病院に搬送されましたが今は健康状態に問題はないということです。




警察は保護責任者遺棄の疑いで捜査をして県内に住む10代の少女が母親の可能性が高いとして任意で事情を聞いています。
少女は自分が1人で産んで運んだと認めているということです。

動画で見る

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。