自衛官が同僚女性の個人情報32時間閲覧/鹿児島

海上自衛隊鹿屋航空基地に所属する男性自衛官が、職場のパソコンで同僚女性の個人情報を私用で調べていたとして19日、減給処分を受けました。

減給6分の1、1ヶ月の懲戒処分を受けたのは鹿屋航空基地の航空隊に所属する40代の3等海佐の男性です。

海上自衛隊によりますと、3等海佐は去年6月から10月にかけて勤務時間中に職場のパソコンで仕事に関係のない同僚の女性の個人情報を調べていたということです。


3等海佐は女性に対して好意を持っていて情報を知りたかったと話しています。
個人情報には女性の住所や電話番号、家族構成、経歴などが含まれていて閲覧するにはパスワードが必要でしたが

幹部だったため解除することができたということです。合計で32時間19分閲覧していました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。