送迎バスに1歳男児がはねられ重傷/鹿児島

18日、鹿児島市で1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられ、腰の骨を折る大けがをしました。




警察によりますと、18日午後3時ごろ、鹿児島市西陵4丁目の市道で母親と一緒に兄弟を迎えにきていた1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられました。

男の子は病院に運ばれ、腰の骨を折る大けがだということです。バスに乗っていたバスの運転手と園児にけがはありませんでした。

バスを運転していた70歳の男性は、園児を降ろして周囲を確認したものの子どもの姿は見えなかったと話しています。
男の子の母親は「気がついたら倒れて泣いていた」と話していて、警察では事故の詳しい原因を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。