児童買春の疑いで警察官を逮捕/宮崎

10代の少女に現金を渡す約束をしてみだらな行為をしたとして、宮崎県警は15日、宮崎北署の巡査部長が逮捕されました。




児童売春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕されたのは、宮崎北署刑事第1課の巡査部長・黒木稔照容疑者(47)です。

  • 2018年11月6日午後、宮崎県内のホテルで18歳未満と知っていながら10代少女とみだらな行為をした疑い
  • 年末に少女が援助交際についての書き込みを行っているのを捜査員が発見
  • サイバー補導を行い、少女が連絡を取っていた相手を調べていく中で巡査部長の関わりが浮上

黒木容疑者は容疑を認めているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。