知人の女子高生に売春を強要した男子高生らを逮捕/熊本

女子高生に売春をさせたとして、熊本市内の高校生男女と風俗店経営者の男が4日、逮捕されました。


児童福祉法違反などの疑いで逮捕されたのは、熊本市内の男子高校生(16)と女子高校生(17)、風俗店経営・竹永圭介容疑者(35)の3人です。

警察によりますと、去年8月、男子高校生が当時15歳だった知り合いの女子高校生に売春を持ちかけました。
逮捕された女子高校生は、被害者の女子高生に売春相手を見つけるための出会い系サイトを紹介、投稿する文章なども考えていました。

そして竹永容疑者は客を斡旋していた疑いが持たれています。

3人はそれぞれ容疑を認めているということです。

男子高校生は女子高校生に対して暴力団が背後にいるように思わせ、売春を強要して、女子高生からが売り上げからおよそ50万円を受け取っていました。

また、別の16歳の女子高生からも同じ手口で200万円あまりを受け取っていたということです。
警察では余罪についても調べるとしています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。