伐採中の木にあたって作業員の男性死亡/熊本

2日午後、熊本県上益城郡山都町の山中で木を伐採していた男性が倒れているのが見つかり、その後死亡しました。


警察によりますと、2日午後1時半ごろ、山都町市原の山中で、近くに住む伐採作業員・松井義雄さん(75)が倒れているのを別の作業員が見つけ警察に通報しました。

松井さんは病院に搬送されましたが、約3時間後に死亡が確認されました。
松井さんは約20メートルの切り倒された杉の木の近くで倒れており、警察では倒れてきた木に当たって死亡したとみて詳しい状況について調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。