生徒にわいせつ行為の教諭を懲戒免職/福岡

北九州市教育委員会は1日、教諭4人を懲戒処分にしたことを発表しました。




市立中学校の50代の男性教諭は免職処分を受けました。

教諭は2015年8月、勤務していた中学校の夏休みの勉強会に参加した女子生徒に抱きついたりキスをするなどのわいせつ行為をしました。
女子生徒が警察に被害届を出し、昨年罰金40万円の有罪判決を受けています。

また、小倉南区の小学校の37歳の男性教諭は児童に不適切な言動を繰り返し、停職6ヶ月、部活動で生徒に体罰を行った37歳と58歳の中学校の男性教諭が減給と戒告の懲戒処分をそれぞれ受けています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。