強制わいせつで僧侶を逮捕/福岡

2018年11月、福岡県大川市の僧侶の男が女子大生2人の身体を触るなどしたとして逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、大川市の僧侶・大上祐一容疑者(36)です。
警察によりますと、大上容疑者は2018年11月、大阪から北九州市門司区の新門司港へ向かうフェリーの客室で、20歳の女子大生の上半身を無理やり触った疑いが持たれています。


大上容疑者は九州大谷短期大学の非常勤講師として短大の有志が企画した、京都を巡るツアーに参加していました。
被害を受けた女性も短大の学生で、警察に相談し事件が発覚しました。

大上容疑者は「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認しています。

事件の発覚を受け、短大は大上容疑者の非常勤の職を2018年12月に解任しています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。