船舶塗装会社で足場が崩れ3人がけが/長崎

28日午後、長崎市深堀町の工場で船の中に組んでいた足場が崩れ、作業員3人がけがをしました。命に別状はないということです。

事故があったのは、長崎市深堀町の船舶塗装会社「ナカタ・マックコーポレーション」です。

警察などによりますと、28日午後1時半ごろ、建造中の船の中のタンクを塗装するために組んでいた足場が崩れ、男性作業員3人がおよそ2メ−トル下に落ち、足場の下敷きになりました。
2人が骨盤や肋骨を折るけがなどをしています。

この工場では昨年9月にもタンク内で作業をしていた作業員が転落し死亡する事故が起きています。

建造中の船で作業員の男性転落/長崎

2018年9月18日

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。