宗像大社神職が飲酒運転で逮捕/福岡

17日、宗像大社の権禰宜(ごんねぎ)の男が酒を飲んで運転していたとして、逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、宗像大社(福岡県宗像市)の総務課長で権禰宜の佐々木大治容疑者(50)です。

警察によりますと佐々木容疑者は7日午後11時20分ごろ、遠賀郡岡垣町内浦の道路で軽乗用車を酒に酔った状態で運転した疑いが持たれています。

蛇行運転している車がいると警察に通報があり、駆けつけたところ佐々木容疑者の車は道路の下のたんぼの側溝に脱輪して動けない状態でした。

佐々木容疑者の呼気からは基準値の3倍近いアルコールが検出されました。

警察の調べに対して、同日の夕方から忘年会に参加、宗像市内の飲食店2店で飲酒、タクシーで一軒目の店に戻り車を運転したということです。


宗像大社は逮捕を受けて、佐々木容疑者を懲戒解雇にしました。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。