『第8回 コンパルホール映画上映会 フィルムマラソン 日本映画傑作選』開催/大分(1月13日(日)・14日(月・祝))

『第8回 コンパルホール映画上映会 フィルムマラソン 日本映画傑作選』が1月13日(日)・14日(月・祝)にコンパルホール 文化ホール (1F)で開催されます。

1960年前後に登場した若き映画監督たちの名作を35ミリ・フィルムで上映します。

「瑞々しい感性」や「どう猛なバイタリティ」で観客を魅了した名作4作を各日観ることができ、13日(日)には映画論専門の衛藤 賢史氏とシネマ5支配人の田井 肇氏によるシネマトークも開催されます。
13日の1日フリーパス券に含まれるので、作品もシネマトークもお楽しみください。

人間の意志と情熱を大胆に描いた作品をぜひご覧ください。

●上映作品●
・「秋津温泉」
1962年 監督 吉田喜重/松竹/カラー/出演 岡田茉莉子、長門裕之、山村聰、宇野重吉 他

1947年に発表された藤原審爾の小説を映画化したもので、吉田喜重の監督作品4作目にあたり、男女の情念の世界を正面から描いた作品です。

・「少年」
1969年 監督 大島渚/創造社/カラー/出演 阿部哲夫、渡辺文雄、小山明子、木下剛志 他

当たり屋の少年とその家族の物語で、監督・大島渚の思想が見事に映像化された代表作のひとつです。ヴェネチア国際映画祭では高い評価を得た作品です。

・「心中天網島」
1969年 監督 篠田正浩/表現社=ATG/白黒/出演 中村吉右衛門、岩下志麻、滝田裕介 他

近松門左衛門の人形浄瑠璃を映画化した作品で、キネマ旬報ベストテンの第1位を受賞し、さらに監督賞、女優賞も受賞しています。

・「復讐するは我にあり」
1979年 監督 今村昌平/松竹/カラー/出演 緒形拳、三國連太郎、倍賞美津子 他

実際に起こった連続殺人事件をもとにしたノンフィクション小説を映画化した作品で、悪の限りを尽くした主人公の生き様を肯定も否定もせずに描いています。
主人公の緒形拳の演技はもちろん、出演している女優陣の演技も高く評価されキネマ旬報ベストテンの第1位を受賞した作品です。

名作を4作品も観賞できる素敵な2日間!日本を代表する映画をぜひ観に行きませんか?

開催情報

イベント名 第8回コンパルホール映画上映会フィルムマラソン日本映画傑作選
日程 2019年1月13日(日)・14日(月・祝)
時間 1月13日(日)
「心中天網島」10:00~11:43
シネマトーク 12:20~13:05
「復讐するは我にあり」 13:10~15:30
「秋津温泉」 15:45~17:37
「少年」 17:50~19:27

1月14日(月・祝)
「心中天網島」10:00~11:43
「復讐するは我にあり」 12:30~14:50
「秋津温泉」 15:00~16:52
「少年」 17:00~18:37

場所 コンパルホール
住所 大分県大分市府内町1丁目5番38号
料金 1日フリーパス券1,400円(1日4作品鑑賞可/全席自由)
外部リンク 1/13(日)、14(月・祝)開催「第8回 コンパルホール映画上映会 フィルムマラソン 『日本映画傑作選』」 | コンパルホール

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。