鳥栖の歴史を体験できる『鳥栖市明治維新150年祭』開催/佐賀(12月1日(土)・2日(日))

『鳥栖市明治維新150年祭』が12月1日(土)・2日(日)にサンメッセ鳥栖・都市広場で開催されます。

どんなイベント?

鳥栖市明治維新150年記念事業として、幕末から明治期にかけて鳥栖の発展を支えた3つの産業を体感できる記念イベントが実施されます。

ほかにも、ステージイベントや鳥栖×対馬フェアなどさまざまな催しが行われます。

体験エリアでは普段体験できない薬研体験、和ろうそくづくりなどに参加できます。

縁日や美味しいお店も並ぶので、大人から子どもまで楽しむことができます。ぜひご家族やお友達を誘ってお越しください。

イベント内容

鳥栖の歴史・技 体験エリア

場所/サンメッセ鳥栖 3階大会議室
体験エリアでは鳥栖の発展を支えた3つの産業である「くすり」・「はぜろう」・「鉄道」にまつわる講座や薬研体験、和ろうそくづくり、打音検査などの体験ができます。

それぞれ講座や体験は事前申込が必要なものがあります。詳しくは鳥栖市のホームページでご確認ください。

鳥栖市民劇団朗読劇「鳥栖駅誕生逸話」

場所/サンメッセ鳥栖 4・5階ホール
平成10年に上演され、大好評だった名作「鳥栖鉄道物語」が20年ぶりに復活します。鳥栖駅が誕生するまでの物語を朗読劇としてリニューアルした「鳥栖鉄道物語」をピアノの生演奏でお楽しみください。

鳥栖×対馬フェア!!~鳥栖と対馬の魅力発信エリア~

場所/都市広場
歴史的に縁のある対馬のフードと鳥栖市内の魅力的なお店が集まるエリアです。

対馬からは郷土菓子の「かすまき」やソウルフードの「とんちゃん焼き」、サザエやヒオウギ貝などを使った「貝焼き」などが並びます。「かすまき」は実演試食があるので、食べたことのない方はぜひ食べて美味しさを実感してください!

鳥栖市内からはの「佐賀牛カレー」や鳥栖ご当地グルメの「とりこどん」などの食べ物から、丸太細工や竹細工などのハンドメイド品までさまざまな商品のお店が並びます。

鳥栖のお米と対馬のお水で生まれたお酒「兵介」も販売されます。気になる方はぜひ買って飲んでみてください!

ステージイベント

幕末と鉄道とクラシックを融合したスギテツミニコンサートや鳥栖市内で活動している団体による演奏、ダンス、豪華景品が当たる大抽選会などが行われます。

  • スギテツミニコンサート
  • 1日(土)のみ 11:30~、15:30~

  • 大抽選会
  • 2日(日)のみ

グルメ×マルシェ×縁日

中津唐揚げや牛串、チョコバナナなど美味しい九州各地の厳選グルメからハンドメイドの雑貨やアクセサリー、射的・くじ引き・輪投げなどの縁日のお店が40店並びます。

対馬は江戸時代、鳥栖市の東半分が長崎県の対馬藩田代領だった歴史的なつながりがあります。長崎の離島である対馬の美味しいものも並ぶので、ぜひ食べて対馬のことも知ってください!

12月初めの土日は楽しいイベント目白押しの『鳥栖市明治維新150年祭』に遊びに行きましょう!

同じ時期に開催しているイベント

  • 第2回 ふれあい鉄道フェスタ(12月1日・2日)

開催情報

イベント名 鳥栖市明治維新150年祭
日程 2018年12月1日(土)・2日(日)
時間 10:00~16:00
場所 サンメッセ鳥栖・都市広場
住所 佐賀県鳥栖市本鳥栖町1819
外部リンク 鳥栖市公式ホームページ|鳥栖市明治維新150年祭(11月27日更新!)

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。