教え子にわいせつ行為をした県立高校教諭が懲戒免職/長崎

長崎県教育委員会は12日、教え子や卒業生などにわいせつな行為をしたとして、県立高校に勤務する男性教諭を懲戒免職処分にしました。




懲戒免職処分を受けたのは、県立高校に勤務する男性教諭(58)です。

男性教諭は2015年3月から去年12月にかけて、教え子の女子生徒や卒業生の10代の女子大生を抱きしめてキスをするなどしていました。
被害を受けた女子生徒や女子大生はそれぞれ学校内や、自宅へ送る際の車の中などでわいせつな行為を受けたということです。

学校に被害を訴えて発覚し、男性教諭は県教育委員会の聞き取りに対して、「落ち込んでいるように見えたので励ましたかった」と話しているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。