授業中に盗撮をしていた教諭を懲戒免職/福岡

福岡市教育委員会は11日、授業中に児童のスカートの中を盗撮したとして、男性教諭を懲戒免職処分にしたことを発表しました。





懲戒免職処分を受けたのは中央区の市立小学校に勤務していた男性教諭(44)です。

男性教諭は9月27日と10月1日、授業中に女子児童のスカートの中を私物の小型デジタルカメラで盗撮したということです。
女子児童2人から別の教諭に相談があり、学校が調査をして盗撮が発覚しました。

男性教諭は当初、否定してましたがその後、盗撮を認め、警察に出頭しています。
男性教諭が警察に出頭したことを受け、市教委は懲戒処分を決定しました。

調査に対して、昨年の2学期ごろから盗撮を複数回していたことを認めていて、盗撮に使用したカメラやデータはすでに破棄したと話しているということです。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。