1300年以上続く由緒ある祭り『白鬚田原神社 どぶろく祭り』開催/大分(10月17日(水)・18日(木))

『白鬚田原神社 どぶろく祭り』が10月17日(水)・18日(木)に白鬚田原神社で開催されます。

大分が誇る奇祭のひとつである『白鬚田原神社 どぶろく祭り』は1300年以上続くお祭りで、年に1度の神酒を求めて全国から大勢の人が参拝に来られます。

氏子たちによって仕込まれたどぶろくを五穀豊穣・無病息災を祈るため、ご神前に供えたことが始まりとされています。

九州で唯一醸造許可を得て、神社内の醸造庫でどぶろく造りを行っていて、このどぶろくがふるまわれるのは年に1度のこのお祭りだけです。

氏子たちは9月25日の「醸造始めの儀」から始め、古くから少しも変わることなく伝えられて来た伝統の儀式に則って、どぶろくを醸造しています。

お祭りの2日間、参拝者には無料でどぶろくがふるまわれ、寄付をするとお持ち帰りもできます。

神社の名前にちなんだ「鬚自慢コンクール」や江戸千家大分支部杵築不白会による呈茶会なども行われるので、どぶろくを頂いてお楽しみください。

白鬚田原神社のある杵築市の観光の大きなテーマの一つは「和服の似合う町」です。
京都に続く和服で歩きたいまちを目指し「きつき和服応援宣言!」を実施し、「レンタルきもの和楽庵」がオープンしました。

「レンタルきもの和楽庵」では、300着もの着物を揃え、レンタルを行っています。1着 3,000円で着付けも行っているので、手ぶらで来て、着物で街を散策できます。
着物体験ができ、江戸情緒あふれる城下町を歩くのはこんなにもワクワクするものなのかと、利用者には大好評です。

さらに、着物姿で町を散策すると、公共観光文化施設の入館料が無料になり、市内店舗で食事割引・粗品進呈など嬉しいサービスも受けることができます。『白鬚田原神社 どぶろく祭り』に来られた際には、ぜひご利用ください!

開催情報

イベント名 白鬚田原神社 どぶろく祭り
日程 2018年10月17日(水)・18日(木)
時間 ●イベント●
10月17日(水)
場所/神社境内横神楽殿
10:30~11:00 陣太鼓OTA演奏
11:00~12:45 第26回鬚自慢コンクール
13:00~14:00 俣水神楽

場所/神社境内
10:00~14:00 江戸千家呈茶会

●祭事●
10月17日(水)
14:00~15:00 前日祭
10月18日(木)
10:00~11:00 例大祭
14:00~16:00 御神幸祭

●どぶろくの振舞●
10月17日(水)・18日(木) 9:00~17:00

場所 白鬚田原神社
住所 大分県杵築市大田沓掛1693
外部リンク

同じ時期に開催しているイベント

  • MEGASTAR(スーパープラネタリウム)(10月2日~11月25日)
  • 「海と宙(そら)の未来」展(10月2日~11月25日)
  • 大分農業文化公園 秋穫祭(9月8日~10月28日)

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。