女子中学生に強制わいせつの警察官停職処分/佐賀

佐賀県警は20日、女子中学生の胸を触ったとして、強制わいせつの容疑で逮捕されていた鹿島署の巡査の男を停職6ヶ月の懲戒処分にしたと発表しました。巡査は同日付で依願退職しています。

懲戒処分を受けたのは、鹿島警察署の巡査の男(23)です。
巡査は8月10日午後4時20分ごろ、江北町の路上で帰宅途中の女子中学生の胸を触り、8月29日に逮捕されました。

女子中学生の胸を触った巡査逮捕/佐賀

2018年8月29日

その後、8月2日にも道を尋ねるふりをして女子高生3人の胸を触るなどしていたことがわかり、9月11日に佐賀県迷惑防止条例違反容疑で追送検されていました。

警察によりますと、逮捕当時は容疑を否認していましたが、その後全ての容疑を認めているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。