建造中の船で作業員の男性転落/長崎

18日午前、長崎市の造船所で作業員が十数メートルの高さから転落し、死亡する事故がありました。

船舶塗装会社で足場が崩れ3人がけが/長崎

2019年1月28日

事故があったのは、長崎市深堀1丁目の船舶塗装会社「ナカタ・マックコーポレーション」です。
18日午前9時40分ごろ、船内の塗装作業を行っていた大村市皆同町の小濱広大さん(31)が、転落したということです。

小濱さんは頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
休憩のため、甲板に上がろうとはしごを登っていたところ誤って落ちたとみられています。

警察では詳しく事故の状況を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。