長い歴史を持つ沖縄最大の伝統文化『第48回 那覇大綱挽まつり』開催/沖縄(10月6日(土)~8日(月・祝))

『第48回 那覇大綱挽まつり』が10月6日(土)~8日(月・祝)の3日間で開催されます。

6日(土)は国際通りで「市民演芸・民俗伝統芸能パレード」が行われ、7日(日)は国際通りで「大綱挽行列」、国道58号線久茂地交差点で「那覇大綱挽」が行われます。

「那覇大綱挽」とは女綱と男綱をかぬち棒で結合させて、西東に分かれて綱を挽きあう沖縄県内最大規模の人気行事です。毎年、約28万人が見物に訪れます。
発祥は西暦1450年頃だと言われていて、400年以上の歴史と伝統があり、「世界一のわら綱」としてギネス認定をされています。

6日(土)に行われる「市民演芸・民俗伝統芸能パレード」では46団体、総勢2,200名による華麗な演舞を見ることができます。子供たちによるマーチングやダンスのほか、琉球舞踊や獅子舞などの本格的な伝統芸能なども披露されます。

出演団体一覧及び、パレードプログラム

綱挽の前に行われる「旗頭行列」も見所です。
那覇大綱挽保存会登録公式の旗頭は14旗あり、西の旗頭が7旗、東の旗頭が7旗あります。
旗頭は、華麗さや優美さ、その形や色彩などを争い、旗頭を躍らせる旗持は、どれだけ見事に躍動させるかを競いながら練り歩きます。

久茂地交差点に着くとさまざまな演目が催され、会場はどんどん盛り上がっていき、いよいよメインの「大綱挽」となります。

全長200メートル、重さ40トンの巨大な本綱には、人が引けるよう280もの手綱が付いていて誰でも参加できるようになっています。幸せを引き寄せるとも言われる「大綱挽」は年に1回の大イベントなのでぜひ参加しましょう。

同日に奥武山総合運動公園では3日間通して「RBC市民フェスティバル」と「オリオンビアパラダイス」も開催されます。合わせてお楽しみください。

10月7日(日)スケジュール

旗頭行列(国際通り)
11:00集合(西:壺屋小学校/東:さいおんスクエア)
11:15出発式(壺屋小学校)
11:30行列出発
14:00行列終了
那覇大綱挽(国道58号線・久茂地交差点)
14:30交通規制/旗入れ開始/旗頭14旗揃
14:45那覇大綱挽式典/保存会会長あいさつ/式辞 那覇市長/激励 那覇市議会議長/祝辞 沖縄県知事/空手演武/旗頭全旗一斉/綱寄せ/かぬちちじ/支度寄せ/支度我栄/綱方我栄
16:10大綱挽開始(鉦子打ち込み)/綱挽/勝負審判(サイレンで綱挽終了)/かちゃーしー/嘉例綱取り
17:00交通規制一部解除/那覇大綱撤去
19:00国道58号線交通規制全面解除

開催情報

イベント名 第48回 那覇大綱挽まつり
日程 2018年10月6日(土)~8日(月・祝)
時間 11:00~21:00
場所 国際通り、国道58号線・久茂地交差点、奥武山総合運動公園
住所 沖縄県那覇市
外部リンク

(画像は那覇市フリー画像集より)

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。