事故現場から逃走の男が列車にはねられる/福岡

16日午後7時40分ごろ、福岡県苅田町のJR日豊線の踏切で男性が列車にはねられる事故があり、男性は死亡しました。
この事故の10分ほど前に、300メートル離れた交差点で乗用車とワゴン車が衝突する事故が起きていて、片方の運転手と連絡が取れなくなっていることから、警察では遺体の身元の確認をしています。




警察によりますと、16日午後7時半ごろ、苅田町富久町1丁目の交差点で、ワゴン車と乗用車が衝突する事故がありました。
この事故で、乗用車の助手席に乗っていた女性が胸を打撲する軽いけがをしました。

ワゴン車を運転していた男性は事故の後、車をその場において立ち去りました。

衝突事故の10分後、同町2丁目のJR日豊線の線路で、下関発新田原行きの普通列車に男性がはねられ死亡しました。
この事故で特急と普通合わせて列車8本が運休、22本が遅れて約7600人に影響が出ています。

警察では交通事故の現場から立ち去った男性が、列車にはねられた可能性があるとみて、捜査を進めています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。