湯煙を活用したプロジェクションとライトアップが幻想的。「夜の海地獄2018」に行ってみた!

日本屈指の温泉地、大分県の別府温泉にある人気観光スポット「海地獄」。

水面が海のようなコバルトブルーに見えることからその名が付けられました。
今から約1200年前、鶴見岳噴火と共に出来た熱泉のひとつで、温度は約98度あり、泉脈まで深さは200メートル以上と言われています。

この海地獄、昼の姿はもちろん美しいのですが、期間限定で行われる「夜の海地獄2018」が幻想的だと話題になっています。
湯煙を活用したプロジェクションマッピングと鮮やかなイルミネーションによるライトアップが、昼とは全く異なる幻想的な世界を演出。夜の海地獄には、湯煙の向こうから鬼がやって来るのです!

入口を入ると、夜の海地獄の奥へといざなう森の小道が出現。波のようにうねる怪しい光、そして風、雷、地響きが渦巻く中、鬼のうなり声が聞こえてきます。

 

昼間はコバルトブルーに煌めいていた海地獄からは、白い湯気に怪しい光が揺らめいて、鬼たちや閻魔大王も登場します。コラ!と叱る閻魔様。怖いかも。

更に、鬼の小道では、光の切り絵がきらめいて、可愛い子鬼たちがチラリと現れては消えてゆきます。

「さあ、右の坂道を登るんだよ!」

つられて進むと、鬼の寝床に到着。

水面いっぱいに広がる大鬼蓮。水音に合わせて幻想的な光の粒が踊っています。鬼のイビキが静かに響く中、ふと天井を見上げると鬼の大目玉が!!

続く赤池地獄の周りには、光る蓮の花が。ここは地獄と極楽浄土が混ざり合う場所です。

鬼は人を襲い、呪うのではなく、人の邪気を浄化して幸せを運んでくる神の使いだったのです。

館の前ではここまでにであった鬼が歌って踊る賑やかなフィナーレが。
閻魔大王も微笑んでお見送りしてくれますよ。

 

「夜の海地獄2018」は9月15日(土)~9月24日(月・祝)の開催です。
期間限定ですので、この時期をお見逃しなく!

■夜の海地獄2018~湯気の向こうに鬼遊ぶ森~
2018年9月15日(土)~24日(月・祝)
時間:19:00~22:00(最終入場は21:45) ※通常営業時間:8:00~17:00
会場:海地獄 (大分県別府市大字鉄輪559番地の1)
料金:大人600円/高校生~小学生400円/再入場(昼チケット持参)300円
※雨天時中止の場合有り。詳しくは公式ホームページをご覧ください。
<夜の海地獄>http://yoru-umijigoku.jp/
<海地獄公式ホームページ>http://www.umijigoku.co.jp/

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。