日本一の石橋で『耶馬渓秋フェス』開催/大分(10月13日(土))

『耶馬渓 秋フェス』が10月13日(土)に耶馬渓橋周辺特設会場で開催されます。

中津市しもげ商工会の合併10周年を記念して、安全祈願と復興祈願のために耶馬溪橋からみんなの願いを書いた「もみじ紙」を流すイベントです。


耶馬溪橋は、大正9年から12年間をかけて架けられた橋で、日本で唯一の8連アーチの石橋です。長さも116メートルあり日本一を誇ります。

そんな日本一の石橋から「願い 紅葉流し」祈願は行われます。 
事前に「願い 紅葉紙」に願いを書いて設置ボックスへ投函します。

投函ボックス・紅葉紙設置個所 
・道の駅なかつ
・耶馬トピア
・旬菜館
・道の駅やまくに
・レストハウス洞門
・中津市しもげ商工会各支所 など

紅葉紙は水に溶け自然に帰るエコな素材で、当日も100枚程用意しています。先着順なので早めにご参加ください。

紅葉流しのほかにもステージイベントや物産・グルメマーケット、餅まきなどもあります。

物産・グルメマーケットはすごく充実していて、縁日らしいやきとりや焼きそばはもちろん、和菓子やおからドーナッツ、陶器や雑貨など珍しいお店も並びます。

ステージでは和太鼓やマーチング、演舞などが催され、最後まで『耶馬渓秋フェス』をお楽しみ頂けます。

新たなモニュメントとして「愛の鐘」の完成セレモニーも行われます。耶馬渓橋の両側につけた愛の鐘を鳴らすと、二人の愛が深まると言われています。ぜひ恋人同士やご夫婦で行ってみてください。

秋の紅葉シーズンの始まりに『耶馬渓秋フェス』に来て、さまざまな催しものをお楽しみください。

開催情報

イベント名 耶馬渓秋フェス
日程 2018年10月13日(土)
時間 10:00~15:30
場所 耶馬渓橋周辺 特設会場
住所 大分県中津市本耶馬溪曽木
料金 無料
外部リンク 中津市しもげ商工会

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。