同僚を殴って死亡させて男を逮捕/長崎

会社の同僚を殴って死亡させたとして11日、警察は男を逮捕しました。


傷害致死の疑いで逮捕されたのは、諫早市小川町の会社員・荒木洋平容疑者(31)です。

荒木容疑者は9日、雲仙市愛野町の青果会社敷地内でアルバイト従業員の牧瀬文男さん(36)の顔を殴り、転倒させて死亡させた疑いが持たれています。
牧瀬さんは意識不明の重体で病院に搬送されましたが、約1時間後に外傷性くも膜下出血で死亡しました。

現場では、会社のおよそ20人でバーベキューをしていて、2人は酒を飲んでいたということです。警察の調べに対して荒木容疑者は容疑を認めているということです。

警察は当時の詳しい状況や殴った原因などを調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。