龍郷町で大麻栽培の男ら逮捕/鹿児島

10日、奄美大島の龍郷町で大麻を営利目的で栽培していたとして、奄美市の男らが逮捕されました。





逮捕されたのは、奄美市名瀬鳩浜町の会社員・中島庸介容疑者(40)と奄美市名瀬真名津町の安山博文容疑者、神奈川県横須賀市の平子拓朗容疑者(40)、神奈川県横須賀市の染野佑宇容疑者(39)の4人です。

警察によりますと、中嶋容疑者と安山容疑者は今年1月から4月の間、龍郷町の知人の畑で大麻草およそ870本を栽培していた疑いが持たれています。乾燥大麻2キロも所持していました。

調べに対して営利目的で栽培していたことを認めています。

また、神奈川の平子容疑者と染野容疑者は2人から乾燥大麻を郵送で受け取って、大麻草を神奈川県内で栽培していた疑いです。

警察は大麻草の入手経路、販売ルートなどを捜査を進めています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。