日田市の小学校教諭が無免許運転/大分

日田市の小学校の女性教諭が、免許の取り消しを受けていたにもかかわらず車を運転し、警察に摘発されていたことがわかりました。





日田市教育委員会によりますと、5日午前7時過ぎ、日田市内の小学校に勤務する女性教諭(28)が出勤中、信号待ちの際に警察官に免許証の提示を求められましたが、無免許運転であることが発覚しました。
女性教諭は今年3月、人身事故を起こし、8月10日から1年間の免許取消処分を受けていていたということです。

女性教諭は翌日6日から休暇を取り出勤を控えていて、日田市教委では事実確認後、処分を検討しています。

ニュースの動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。