女子中学生にスナックで接客させた男を逮捕/沖縄

女子中学生に飲食店で接客をさせたとして4日、飲食店従業員の男が逮捕されました。

児童福祉法違反で逮捕されたのは、名護市の飲食店従業員・祖慶大智容疑者(24)です。





祖慶容疑者は8月31日、自身が店長として務める名護市内のスナックで、14歳の女子中学生2人を15歳未満であることを知りながら酒を勧めるなど接客をさせた疑いが持たれています。

祖慶容疑者は警察の調べに対して、「15歳未満とは知らなかった」と容疑を否認しています。
警察では2人以外にも女子中学生が雇われているとみて、捜査をするとともに、女子中学生が店で働くことになった経緯を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews九州の更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。